自宅で簡単にできる包茎矯正だからこそ注意しなければいけない点とは

仮性包茎矯正リング【マイラップ】

 

マイラップは仮性包茎の男性向け

仮性包茎矯正のマイラップですが、これは仮性包茎にするための矯正器具でなく、仮性包茎を改善させるための矯正器具です。

 

このため、カントン包茎や真性包茎のような重度の包茎の場合には効果を得られないですし、使用自体ができないので注意が必要です。

 

使い方

矯正リングという名前のとおり、器具は切れ目の入ったC型のリング状になっています。

 

ちなみにこの切れ目は、性器のサイズに合わせることができるための工夫の意味があります。
まず指で性器の皮を剥き、性器を完全に露出させます。
仮性包茎の男性が使用するため、皮を剥く行為自体は容易にできるはずです。

 

この時、露出した亀頭部を清潔な状態にする必要があるので、性器をぬるま湯でしっかりと洗い、ガーゼなどで汚れも拭き取っておきます。
後はその状態で性器にはめて使用します。

 

実際には、はめる前にリングの表裏を確認しなければならないですし、サイズが合わなければ改めてリングの大きさを調節する必要があります。
また、包皮をリングに巻き込んでしまわないよう、装着に注意を払うことも大切です。
このため、器具自体は単純なリングですが、正しい使用方法をしっかりと確認してから使用してください。

 

 

注意点

まず念頭に入れておかなければならないのは、こうした器具の目的は治療ではなく矯正だということです。
人によっては合わないこともありますし、かゆみや腫れを引き起こしてしまう可能性もあります。
また、感染症を防ぐためにも、使用において出血が確認できた場合には即座に使用を注意する必要があります。

 

こうした身体の異変を感じた際は、メーカーに問い合わせるのではなく、必ず病院で専門医の診察を受けるように心がけてください。

 

気軽に自宅で矯正ができる分、使用はあくまで自己責任となるのが、包茎の矯正器具の特徴でもあるのです。

 

 

このように、仮性包茎の状態であれば、手術以外にも矯正器具の使用で包茎を改善できる場合があります。例え仮性包茎でも包茎に変わりはないですし、手術に抵抗がある方は、こうした矯正器具に頼るのも選択肢の一つです。