早漏や性器増大にも効果のあると言われるクマッキーの特徴

クマッキー

 

装着自体に意味がある

包茎の矯正器具に共通しているのが、すぐに効果は期待できず使用を続ける必要があるということです。
このため、どういった矯正器具を使用する際でも、それを装着し続けなければなりません。

 

そんな中、クマッキーは装着すること自体にも意味を持たせているので、毎日の装着が苦にならないのです。

 

まず、クマッキーの使用スタイル上、装着中は常に皮が剥け、亀頭が剥きだしになった状態になります。
このため、衛生面で清潔さを保つことができますし、亀頭を刺激に慣れさせることができます。
さらにチューブ内に血行促進に効果的な磁石を内蔵することができ、それが性器の増大に繋がります。

 

つまり、包茎を改善するために装着していることで、性器を清潔に保ち、なおかつ刺激に慣れさせることでの早漏対策や、磁力効果で性器の増大を狙うことが可能になっているのです。

 

 

チューブとゴムの柔軟性

「矯正器具=金属」のイメージが強いという男性が多いでしょうが、クマッキーはチューブとゴムが主な作りになっており、外見的にも使用時にも圧迫感がありません。

 

実際クマッキーは柔軟性に優れているため、24時間装着した状態でも大きな違和感はなく、トイレですら問題なく行けるほどの柔軟性を誇っています。

 

柔らかい見た目からは想像できないかもしれないですが、外れる心配もほとんどないですし、ゴム糸によってサイズ調整も可能なので、性器のサイズを気にせず使用できます。

 

さすがに入浴時は劣化を防ぐ意味でも外す必要があるものの、それ以外の場面でも常に装着しておくことが可能ですし、固い金属で固定するわけではないので、睡眠時ですら違和感なく生活できるのです。

 

いくら効果が絶大な矯正器具だとしても、器具の見た目が痛そうだったり、使用における支障が高ければ、使用において抵抗を感じます。
しかしクマッキーはそういった矯正器具ならではの課題を全てクリアしており、装着自体で意味を持たすという魅力も備えているのです。

 

その他、簡単な矯正グッズにはマグナムシールなどもあります。