包茎の種類

包茎には色々な種類が存在します。
中でも代表的なものは以下の3つです。

 

仮性包茎

日本人に最も多いのがこちらの包茎です。
通常時は包皮が亀頭を覆っていますが、勃起時になると亀頭を露出させることができます
この仮性包茎の中には、勃起時になれば自然に包皮が剥ける場合もあれば、勃起時でも手を使わなければ包皮が剥けないものまで、パターンは人それぞれです。
性行為は正常に行うことができるためほとんどの方は気になさらないようですが、亀頭が包皮を被っていると不潔になりやすく、病原菌の繁殖の原因となるおそれがあります。

 

 

真正包茎

勃起時でも包皮が剥けない状態です。
包皮口が狭く、または包皮と亀頭がくっついてしまっていることがその理由としてあげられます。
この状態を放置しておくと、包皮炎や亀頭炎といった炎症が継続的な症状となってしまうため、早期の治療が必要です。
この真正包茎の治療法ですが、現在は手術が一般的です

 

 

カントン包茎

包皮を剥くときに痛みを伴い、無理をすれば皮を剥くことができますが、包皮口が狭く亀頭の下を締め付けてしまう状態です。
剥いた状態を続けていると、亀頭に血が溜まり水ぶくれのように腫れあがってしまうことがあります。
カントン包茎の方によく見られる症状として、性行為時に皮膚が切れやすい、痛い、などがあげられます。
普段時に包皮が剥けている状態にあって、自分が包茎ではないと思っている方でも実は軽度のカントン包茎である場合があり、少しでも違和感がある方は一度専門家の診察を受けることをオススメいたします。