包茎のリスク

包茎のリスク

早漏になりやすい

仮性包茎や真正包茎の方の亀頭は、普段から皮に包まれており常に湿った状態です。
そのため外部からの刺激を受けやすく、過敏になってしまい、その結果早漏になりやすいと考えられています。
早漏は包茎と並んで男性の悩みになりやすいテーマのひとつです。
パートナーの女性を満足させられないことが自分に自信をもてない理由となり、コンプレックスとなってしまいます。
入浴時などに普段から包皮をむいて亀頭周辺をしっかり洗う、といった対策を講じ刺激に対して免疫をつける習慣をつけましょう。

 

 

包茎は汚れが溜まりやすい

包茎は“不潔”“臭い”というイメージがありますが、それはなぜなのでしょうか。
その理由は、包皮と亀頭の間に溜まる汚れである「恥垢」が原因です。
恥垢とは、包皮に溜まった垢が白い塊となって浮き上がっている物のことです。
この恥垢は綺麗に洗っていれば落ちますが、包茎の人はどうしても恥垢が溜まりやすいので注意しましょう。

 

 

性病になりやすい?

包茎の方は、先ほども述べましたが恥垢が溜まりやすいです。
恥垢は匂いの原因となるだけではなく、様々な性病を引き起こしやすくなってしまいます。
亀頭包皮炎、尿路感染症、閉塞性乾燥性亀頭炎、陰茎ガンなど、包茎の方が特になりやすい傾向にありますので注意が必要です。

 

 

パートナーへのウイルス感染

包茎は、自分の体だけでなくパートナーの体に病気を引き起こしてしまう原因となるおそれがあります。
包茎によって溜まった恥垢によって、性交渉の際に病原菌やウイルスが感染し、子宮がんなどを引き起こされるリスクが高まるといわれています。
単に包茎だけが原因というわけではなく、あくまで包茎によって溜まってしまった恥垢をきちんと取り除かないことが原因です。
大事なパートナーである女性の身体を守るため、きちんと清潔を保つことを心がけましょう。

 

 

亀頭のイボ

亀頭の、いわゆる“カリ”と呼ばれる部位の周囲にイボができることがあります。
このイボは主に2種類あり、ひとつは正常なもの、もう一方は尖圭コンジロームと呼ばれる性感染症です。
尖圭コンジロームは男性だけでなく、もちろん女性にも感染します
この感染を放置していると、子宮頸がん、陰茎がんなどの病気を発症してしまうリスクが高くなりますので、女性への感染は特に注意が必要です。
さらに感染したままで出産を行うと、赤ちゃんへ感染してしまうおそれもあります。
正常なイボと尖圭コンジロームのイボとの見分け方ですが、正常なイボですと0.5mm程度のイボが均等に並ぶのに対し、尖圭コンジロームのイボは1~4mm程度のイボが不規則に現れます。
イボができてしまったら、きちんと見きわめ病気の早期発見に努めましょう。