包茎手術をするのは何歳がいい?

包茎手術の適年齢は?

包茎手術に適した年齢は、20歳頃と言われています。

 

真性包茎やカントン包茎などは、小学生の段階で手術することも稀にありますが、基本的には病院は20歳未満の人に対し包茎手術にあまりよい反応は示しません。
それは、これらの包茎は年齢と共に変化していく事が多いため、20歳を迎える頃には治っているケースがあるためです。

 

また、高齢の方の手術に対しても、病院側は難色を示す事があります。
生活に支障をきたす場合や、性行為などに影響がない場合には、リスクを考えると高齢での包茎手術は危険です。
もちろん手術する事は可能ですが、どうしても必要な場合以外は病院側も手術を進めることはほとんどないでしょう。
このように、包茎手術に年齢制限はありませんが自分の体の成長が止まったころで、かつ体への負担の少ない時期に行なうことをお奨めいたします。

 

なお、男性が自分のペニスを気にするようになるのは小学校高学年~中学生頃がほとんどです。
そのため、包茎手術を受けたいと思う人の割合としては12歳から18歳の年代に多く見られる傾向があります。
しかも思春期の男性はこのような悩みを中々まわりの人に相談できず、一人で悩んでしまう事が多いです。
ですが成長期の肉体の成長や性行為などによって、成人する頃には包茎が改善できている事も決してめずらしくありません。

 

病院側としてはやはり20歳を超えたあたりの手術を推奨しているところがほとんどのようです。