包茎の矯正器具

矯正器具

包茎治療は現在さまざまな方法があり、手術だけが治療法ではありません。
現在は“矯正器具”と呼ばれるものを使用した方法が注目されており、種類、素材、デザインも豊富です。
手術にどうしても抵抗を感じてしまっている方は是非試してみてください。

 

 

矯正器具を使う

包茎の矯正器具は色々な種類のものが開発されています。
ただしこれはそのほとんどが仮性包茎の方向けに設計されています。
真正包茎、カントン包茎の方は手術を選ぶのが無難でしょう。
また、セルフで行うためどうしても安全面への配慮がかけ、ペニスを傷つけてしまうことがあります。
矯正器具を試す際には十分に気をつけましょう。

 

 

リングタイプ

陰茎の根元に巻きつけ、包皮が剥けた状態を固定し「剥き癖」をつけます。
素材はスポンジ樹脂を使用したものからシリコンゴムのものなどがあり、形もリング状のものからベルト状のものチューブ状のものなど様々で、自分の好みに合わせて選ぶことが可能です。

 

 

下着タイプ

ビガーパンツと呼ばれるもので、パンツの内部に装着されたリングで包皮を剥いた状態にして、正面の麻布による刺激で亀頭を鍛えるというものです。
現在様々な素材や、デザインのものが開発されていますが、肝心の効果はいまひとつといわざるを得ません。
また、矯正初期は刺激が強すぎて亀頭を痛めてしまうことがありますので、使用の際は十分に注意する必要があります。

 

 

接着剤タイプ

包皮をペニスの根元に集めた状態で接着剤で固定し、剥き癖をつけるというものです。
リングタイプの器具は“すぐに無くしてしまう”“サイズが合わない”という理由で馴染めない方に人気があるようです。
包茎が重度の方の中にはリングタイプと併用する人もいます。